入会案内

不動産経営をバックアップ

歴史と伝統のある全国組織

全日本不動産協会は、昭和27年に設立された不動産業界初の全国組織です。「宅地建物取引業」の生みの親ともいえる歴史のある協会です。長年の伝統と信頼に支えられ、全国47都道府県に地方本部を置く信頼度の高い全国組織です。
全国の優良な不動産業者約2万4000社が所属し、会員どうしの交流が盛んですので、開業後も安心です。

メリット2 「営業保証金」の供託を軽減

開業時の経済的負担が軽くなります

宅地建物取引業を営むには、法務局に「営業保証金」を供託することが義務付けられています。金額は、「主たる事務所1,000万円、従たる事務所1か所につき500万円」で、開業時にはかなりの負担になります。
しかし、当協会会員なら、この営業保証金は不要です。保証協会に「弁済業務保証金分担金」として、「主たる事務所60万円、従たる事務所1か所につき30万円」を納付すれば、営業保証金の供託が免除されるのです。
なお、すでに営業保証金を供託している場合でも、ご入会は可能ですので、ご相談ください。

メリット3 全日本不動産住宅ローンのご提供

豊富なローン商品をラインナップ

住宅購入予定者に長期固定金利の住宅ローン等のご提供と、会員の業務支援の観点から、【フラット35】を取り扱う金融機関と提携して「全日本不動産住宅ローン」をご提供いたします。
「全日本不動産住宅ローン」は、【フラット35】をはじめとした豊富なローン商品ラインナップが揃っているだけではなく、自己資金がない方でも【フラット35】のほか併せ融資が利用できます。また、金利・融資手数料についても、各提携銀行の店頭表示よりも優遇された内容で提供されますので、住宅購入予定者にとっても大きなメリットがあります。

メリット4 協会独自の各種書式の販売

不動産経営に欠かせない書類や物品をご用意

宅地建物取引業を営むには、さまざまな種類の書類が必要になりますが、当協会では、これらの物品を独自に作成し、販売しています。
たとえば、宅地建物取引業法で定められている従業者証明書、標識(業者票)、報酬額表やアットホーム(株)と提携し、のぼりやパネラックなどを販売しております。

メリットはまだまだあります

入会は簡単・スピーディー

全日・岩手県本部へ入会のお申し込みをするだけで、営業開始までに必要な書類の発行や届出の受理をいたします。面倒な手続きはー切ありませんので、ご安心ください。

入会資格

トップへ戻る